育毛剤の効果を実感したいなら|薄くなった頭皮に一手

AGAを改善するために

髪

髪が薄くなってきた方は皮膚科で診察を受けましょう。皮膚科ではザガーロやプロペシアなど薄毛に効果的な薬を使用した医学的根拠に基づく発毛治療を受けることができます。治療効果の高さは臨床試験でも明らかになっているほか安全性も高い世界の標準的な治療法となっているので安心して治療を始められます。

詳しく見る

より実感できる薄毛ケアを

ボトル

身体の内から改善しよう

薄毛の原因は体内にあることも多いため、不規則な生活は大敵となります。育毛剤を6ヶ月以上使用しているのに効果が出ない場合は、体内に原因があると考えられます。例えば運動をしない方は内臓機能が低下して、発毛させる機能が低下するのです。毎日の運動を日課にしたら、急に育毛剤の効果が出始めたという方もいます。食生活ではタンパク質を多めに摂ることで、発毛を促進させることができます。健康状態を維持しなければ、どのような育毛ケアも効果を発揮できないのです。喫煙、夜ふかし、ストレスなども大敵であり、血行不良や自律神経の異常により薄毛を進行させます。育毛剤を使用する期間中は、特に生活習慣に気を配る必要があるでしょう。育毛のためには頭皮改善が必要であり、そのためには体質改善から始める必要があります。

使用年齢は若いほどいい

肌トラブルの対策と同じように、薄毛対策も若くから始めるほど効果が高くなります。育毛剤の効果を高めるためには、遅くても30代からの対策が必要になるでしょう。30代の時点であまり髪が薄くなくとも、頭皮は弱っている可能性がありますから、予防対策として育毛剤を使いたいものです。発毛剤と比べて育毛剤は効果が弱いですが、副作用もほとんどないので予防対策としては発毛剤より適しています。20代から使用しても問題ないので、抜け毛を増やさないためにも使用しましょう。抜け毛が増えてきた場合、その原因は6ヶ月以上は続いていると考えていいです。薄毛は時間をかけながら進行するので、改善させるためにも時間がかかるのです。健康な頭皮状態のころから育毛剤を使用しておくのが一番の薄毛対策になります。

頭髪の状態は改善できる

女医

男性特有の薄毛症状であるAGAは病院で治療できます。AGA治療を掲げている病院には専門スタッフが揃っており、多くの男性が安心して通っています。余計なストレスを抱え込まないためにも早めの受診がおすすめです。

詳しく見る

薄毛の直し方

頭を触るレディー

AGAは男性特有のものではなく女性でもなりうる脱毛症です。女性の場合は男性のように極端に禿げることはなく、全体的に髪が薄くなるという特徴があるので、気になる場合は薄毛治療の専門医に診てもらうと良いでしょう。

詳しく見る